今大注目の「tinder」というアプリ!メリットは大きいもののシビアな世界が待っています…。

無料で楽しめる大きなメリットを持っている「tinder」

tinderと呼ばれる出会系アプリについて、まず頭に入れておいて欲しいことは「使ってみたくなるアプリ」ということ。
既に利用している人は、もうお分かりかと思いますが、その手軽さが素晴らしく、直ぐに出会うことができる可能性があるため、思い付きで、色々と楽しめてしまうアプリなのです。

まずは概要からですが、tinderは、既に海外では多くの利用者が存在しているんです!
そして、積極的にマッチングされており、男女問わず出会いを楽しんでいるという、非常に羨ましい状況。
フェイスブックの出会系アプリであり、フェイスブックのアカウントを持っていることが必須になります。
ただこれだけで「無料」で利用することができるという大きなメリットを持っているわけですね。
無料であれば「使ってみようかな」と思いますよね。


日本では「まだまだこれから」という部分がデメリット

ちょっとした飲み会の席…同性ばかりでつまらない!となったとき、近くで飲んでいる異性を探す…。
このようなお手軽さが話題を呼び、日本でも人気を集めているって知っていましたか?
ただ…日本語対応のアプリではないという、非常に大きなデメリットが…。
英語が苦手な日本人にとっては、訳の分からない言葉が並び…そしてメッセージのやりとりも日本語の利用は…できない!
文字化けは必死で、なかなかコミュニケーションが取れないんですよね…。
これがデメリットになってはいますが、日本でも人気が高まってきていることもあり、将来的に日本語版もリリースしてくれる可能性はあります。
だからこそ、英語だからといって負けずに異性とのマッチングをしまくって楽しんじゃいましょうね!


利用者が増えて日本語対応されたとしても…シビアな世界を実感する可能性もある

もう1つ頭に入れておきたいことがあります。
それは顔に自信がない人は、シビアな世界にむせび泣いてしまう可能性が…。
Tinderの使い方が、自撮りした画像をアップさせる必要があり、その自撮りを見て「タイプか?」「タイプではないか?」と仕分けをされてしまうという…まさに「見た目重視」の世界。
顔に自信がない人にとっては、憎き「顔がいいやつが得をする!」という世界が、眼前に広がっているという状況なのです。
ともあれ、画像は加工で何とでもなりますが…それでも「差」が出てしまうことは覚悟して、誰かとマッチングできるまで、気長に奇跡の一枚を撮り続ける覚悟も必要となります。




同じカテゴリーの最新の記事